IoT で「見える化」するメリットとは

IoTでできること

IoT導入で作業の「見える化」を実現

工場で操作している機械や、人の動きを確認できる位置にセンサーを設置し、その情報を無線や有線でインターネットに接続することで、ネットを経由して様々なデータをサーバーに蓄積することができます。
このようにIoTを導入することで、リアルタイムで製造ラインを観察することができ、様々なデータ収集が可能になります。
生産数やスタッフの工数、機械の稼働状況などの様々な情報がリアルタイムで蓄積することができます。
今まで日報や週報などで報告されてきていた情報が、今、この瞬間でも確認でき、「見える化」が可能になる訳です。
これまで日報などでスタッフの手を煩わせていた作業も省略することができ、その時間を別の作業に充てることができるため、作業効率アップにもつながります。

「見える化」がもたらすメリット

作業工程の「見える化」が実現できれば、人材の適材適所の判断にもつながります。
より効率的な人員配置が可能になり、人件費の削減や作業率向上につながります。
また、工場内の機械や設備に対しても、振動や温度などの詳細データの収集をすることで、設備の不良や故障が、どの様な環境かで起こっているのかを分析することが可能になります。
これまで、故障してから慌てる、といった突然のトラブルに対しても、予測ができるようになること、また、メンテナンスについても、特殊技能を必要としてたものが、マニュアル化することができ、現場スタッフ誰でも対応できるようにすることができます。
こうしたことで、生産ラインが突然ストップすることも防ぐことができ、高い生産性を持続できる様になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る